白内障手術システム「ベリオン」を導入

2020年2月28日

VERION

白内障手術システム
「ベリオン」を導入

経験や勘に頼らず
デジタルの力で手術精度の向上

白内障術中ガイダンスシステム(VERION)は白内障手術の
精度を向上させる器械です。
術前にVERIONで患者さまの眼の形を詳細に計測することに
よって、白内障手術中に最適な切開位置を表示して乱視を軽減させたり、術中に眼内レンズの適正な位置を指示して手術の精度を向上させます。

従来の白内障手術は、眼科医のやりやすい位置で角膜を切開していました。
(その結果、乱視が強くなったりまた弱まったりすることもありましたが、「眼鏡をかけて生活できるようになればよい」ともいわれていました。)
より精度の高い結果が求められる現代の白内障手術では、眼科医の目分量の治療から手術計画を術中にガイドしてくれるシステム「ベリオン」はなくてはならない機器です。

ベリオン
3つのステップ

STEP01眼球の測定と撮影
術前に患者さまの眼を撮影し、強膜血管、角膜輪部、虹彩の位置や特徴を捉えて認証を行います。
高解像度診断画像は、正確性を期すために約1000回もの撮影を高速で行います。
STEP02高解像度画像による
治療プラン策定
検査情報に基づいて手術計画を組み立てていきます。眼内レンズ度数計算や乱視矯正プラン(トーリック眼内レンズの軸決定、切開創の位置、角膜弧状切開)を立てます。
STEP03手術中
デジタルマーキング
術前に撮影した画像をもとにした治療ガイドを術中に顕微鏡やモニタに表示させることができます。
術中の眼の動きをトラッキングし、切開部位や前嚢切開の範囲の決定や、多焦点眼内レンズ・乱視矯正眼内レンズの挿入などの施術で、精密な治療のご提供が可能です。

VERIONを使うメリット

  • 手術の再現性、安全性の向上
  • 適切な切開位置による術後成績の向上
  • 乱視矯正レンズや多焦点レンズの
    適切な位置を表示
当院で可能な日帰り手術

MEDICAL_CARE

  • 日帰り白内障・多焦点眼内レンズ手術
  • 緑内障_犬山市・緑内障検診
  • 糖尿病網膜症
  • なみだ眼(感涙症)
  • まぶたの手術・眼瞼下垂
  • 斜視・弱視
セカンドオピニオン
シミ取り・あざ・皮膚腫瘍・ケロイド・傷あと治療
視力回復オルソケラトロジー