白内障手術

白内障手術の先進医療認定施設

当院は厚生労働省認定の
多焦点眼内レンズを用いた
水晶体再建術の先進医療認定施設です。

白内障の進行状況やご希望にあわせて最適な治療方法をご提案しております。
白内障手術は高性能な術前検査機器や手術マシンで手術経験豊富な院長が責任を持って施行いたします。
他院で「難しい」、「視力が良くならないから手術が出来ない」といわれた患者様も、諦めずに遠慮なくご相談ください。

加入している保険の条件により
先進医療認定の手術還付金を受けられます。

当院は多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術の先進医療施設の認定を受けていますので、
任意の健康保険の先進医療特約に加入されている患者様の場合、保険会社より手術料の全額を給付される可能性があります。

※当院は入院施設もありますので保険の条件等もご相談ください。
※詳しくは加入されている保険会社へご確認ください。

白内障について

白内障とは、虹彩の後ろにある水晶体が濁ることで、視力が低下する病気です。
視力の回復には、手術的に水晶体の混濁を取り除き、新たに人工レンズを挿入する必要があります。
この水晶体のレンズを人工レンズに変える手術が白内障手術です。

水晶体が濁っていると下記のような症状が現れます

  • 霞んで見える
  • まぶしくて見えづらい
  • 何度も眼鏡を調整しているが合わない状態が続いている
  • ぼやけて物がダブって見えたり二重・三重に見える。

治療方法

〈点眼薬〉

濁りが少なく症状が軽い場合や手術を望まれない場合は、点眼薬を用いて白内障の進行を遅らせる方法をとります。

〈白内障日帰り手術〉

当院では現在の白内障の状態を診察後、術後の見え方を予測し、さらに患者様の生活スタイル、要望を聞かせていただいた上で総合的に手術をすることのメリットがある場合に手術をお勧めしています。白内障が軽度で患者様が不自由のない程度であれば無理に手術を勧めることはありません。

当院の白内障手術5つの特長

最新の技術と最新の眼内レンズ

手術には最新の白内障手術装置を使用し、患者さまもご家族も安心して手術に臨めるよう心がけています。
また、手術は出来るだけ小さな傷口で手術するなど、常に最新かつ安全な手術手技で対応し、様々なご要望にお応えできるように数種類の最新の眼内レンズをご用意しています。
手術前には患者さまがご納得いただけるよう、手術経験豊富な院長が手術の流れや術後の経過、手術のリスク等、しっかりと情報提供を行い、治療計画を立てます。

急な日程の手術も対応可能

運転免許更新などで手術を急ぐなどのご要望に応じて、初診後1週間以内の白内障手術にも可能な限り対応いたします。
手術をお急ぎの患者さまは、ご遠慮なくご相談ください。
たくさんの方が「半年待ち」「◯ヶ月待ち」というお悩みを抱えて当院へご相談に来られています。
できるだけご希望に添えるように、院長が責任を持って手術日を決定・判断し手術にあたります。

翌日から社会復帰

当院の手術は眼球への負担が少ないため、手術翌日から眼帯が外れて社会復帰が可能です。
切開創が小さいため、入浴も翌日から可能です。

負担が少ない手術

最新の白内障手術マシンによる治療により患者さまへの負担も少なく、麻酔は点眼麻酔のみで痛みはほとんどありません。

通院負担が軽い

遠方の患者さまでも通院間隔等を可能な限り伸ばすなどして負担を軽減しますので、羽黒、鵜沼、西可児、扶桑、大口町の患者さまも安心してご相談ください。

白内障手術までの流れ

  • 診察

    手術日と必要な検査日を
    決めていきます。

  • 術前検査

    ピントと眼内レンズを
    決めていきます。

  • 日帰り手術

    眼帯の着用は
    術後当日のみです。

手術時間は10分以内

手術前に点眼麻酔後、眼の消毒、洗浄

患者様によってはしみて痛い事がありますが、感染症予防のために非常に大事ですのでご了承ください。

点眼薬による麻酔

麻酔に伴う痛みはありません。
また、手術中に痛みを感じることはほとんどありません。

水晶体の吸引

眼球に2.4mmの切開をし、濁った水晶体を超音波で破砕、吸引します。そのままの状態ではピントの合わない眼になりますので、眼内レンズを挿入いたします。

眼内レンズを挿入

当院で使用する眼内レンズの大半はアクリル樹脂でできており、眼内での安全性が証明されておりますので、何かしらの合併症が生じない限り一生涯取り替える必要はありません。
コンタクトレンズのように手入れの必要もありません。

合併症について

手術方法は通常の白内障手術と同じで、非常に安全性の高い手術ですが、感染症や複数回手術が必要になる可能性があります。
また手術中、多焦点眼内レンズが患者様の眼に合わないと判断した場合、術中に患者様と相談の上、単焦点眼内レンズに変更する場合があります。
合併症が生じた際には最善の加療を行います。

手術後について

〈手術後のケア〉

  • 術後は眼帯をしていただきます。経過がよければ翌日には外せます。
  • 洗髪洗顔は術後2日目から可能です。1日目のお風呂で洗うのは首から下までにして顔は軽く拭く程度にしてください。
  • 軽度な運動は術後1週間以上経過してから行ってください。

〈手術後の通院〉

  • 術後から2日間は毎朝通院していただきます。
  • 術後経過によっては毎日受診していただくことがありますので、日程に余裕をもって手術を受けましょう。
  • 眼鏡が必要な場合は術後約2週間で処方いたします。

当院で取り扱うレンズ

ご要望にお応えできるよう数種類のレンズをご用意しています

眼内レンズは超音波で吸引した水晶体の代わりとなる人工の水晶体です。
眼内レンズには大きく分けてピントが1つの単焦点とピントが複数ある多焦点の2種類があります。
また、当院では最先端レンズである3焦点眼内レンズ(ファインビジョン)も対応しています。
一人ひとりの生活スタイルに合わせ、ストレスが少なく生活の質を高められるよう、患者様の眼の状態、ご希望と合わせ最適なレンズを選び手術を行います。
他に眼の病気がある場合はそれほど見え方が変わらないこともあるので、それに応じて手術の適応・レンズの種類を決めることが大切です。

2焦点眼内レンズ(多焦点)※先進医療 単焦点レンズ
見え方
ピント 遠近両方にピントが合う 遠近どちらかにピントが合う
特徴 焦点を遠距離と近距離の両方に合わせることが可能です。見え方に違和感を覚える患者様もいらっしゃいますので、どうしても手術後に眼鏡をかけたくないという患者様にはお勧めです。 焦点を遠距離か近距離のどちらかに合わせます。選んだピント以外の距離はピントが合わないため、その距離を見るには眼鏡が必要になります。
※手術後、眼鏡を装用される患者様は約半数ほどいらっしゃいます。
料金 保険適用外で片眼40万円ほどです。
※任意保険で先進医療特約に加入されている方は全額給付の可能性があります。
保険適用
眼鏡 おおよその生活では不要になるが位置により見えにくい場合は眼鏡が必要となることもある。 どちらかの距離に合わせた眼鏡が必要になることが多い。
こんな方へ
  • 頻繁に眼鏡をかけたくない方
  • スポーツをされている方
  • 遠くと近くを頻繁に見る職業の方
  • どちらかの距離の焦点を合わせたい方
  • 保険適用内での手術を受けたい方
注意事項 夜の光がまぶしく感じることがあるので、夜の運転を頻繁にされる方(長距離ドライバーさんやタクシードライバーさん等)にはおすすめできません。 遠距離・近距離どちらか一方の距離に焦点が合うので、眼鏡が必要になる事が多いです。

3分でわかる多焦点眼内レンズMOVIE

多焦点眼内レンズについて詳しく知りたい方は是非ご覧ください。

3焦点眼内レンズ(ファインビジョン)

最先端のプレミアムレンズを導入しています

ファインビジョン(FINE VISION)は、PhysIOL社(ベルギー)から2011年に発売された、遠くと近くと中間距離の3点に焦点が合う眼内レンズです。
最先端レンズなので採用している施設は全国でもまだ少数です。構造は、遠くと近く・遠くと中間距離の2種類のバイフォーカル(2重焦点)レンズを組み合わせた二重構造です。
先進医療外ですので、手術費用が高額(両目約85万円以上)になりますが、眼鏡が必要なくなり生活の質が一層高まります。
ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

ファインビジョンと2焦点眼内レンズとの比較

グラフ

ファインビジョンの特徴

  • 遠く・中間・近くの3箇所にピントを合わせることができる
  • 2焦点レンズとの大きな違いは「中間距離」が見やすいこと
  • 乱視矯正も可能
  • ハロー・グレアが軽減
  • 白内障治療だけでなく老眼治療としても最適
当院で可能な日帰り手術

MEDICAL_CARE

  • 日帰り白内障・多焦点眼内レンズ手術
  • 緑内障_犬山市・緑内障検診
  • 糖尿病網膜症
  • なみだ眼(感涙症)
  • まぶたの手術・眼瞼下垂
  • 斜視・弱視
セカンドオピニオン
シミ取り・あざ・皮膚腫瘍・ケロイド・傷あと治療
視力回復オルソケラトロジー