手術の流れ

2019年8月21日

手術の流れFlow

手術をするまでの流れ

1

診察
手術日と必要な
診査日を
決めていきます。

2

術前検査
ピントと
眼内レンズを
決めていきます。

3

日帰り手術
眼帯の着用は
不要です。

手術当日の流れ

日帰り白内障手術

STEP01手術前に点眼麻酔後、
眼の消毒、洗浄
感染症予防のため、眼の消毒や洗浄は大切な準備段階です。患者さまによってはしみて痛い事がありますが、安心して治療に臨んでいただくためですのでご了承ください。
STEP02点眼薬による麻酔
麻酔に伴う痛みはありません。
また、手術中に痛みを感じることはほとんどありません。
STEP03水晶体の吸引
眼球に2.4mmの切開をし、濁ってしまった水晶体を超音波によって破砕して、吸引します。
そのままの状態ではピントの合わない眼になりますので、患者さまに合った眼内レンズを挿入致します。
STEP04眼内レンズを挿入
水晶体の代わりに挿入する眼内レンズは、大半がアクリル樹脂でできております。眼内での安全性が証明されておりますので、何かしらの合併症が生じない限り一生涯取り替える必要はありません。
コンタクトレンズのように手入れの必要もありません。

手術後について

手術後のケア
  • 術後に写真のような眼帯着用は不要です。
  • 1日目のお風呂では首から上は濡らさずに顔は軽く拭く程度にしてください。
    洗髪、洗顔は術翌日から可能です。
  • 軽い運動も行っていただけます。
手術後の通院
  • 術後2日間は、当院へ毎朝通院をして頂きます。
  • 患者さまによって経過が違うため、毎日受診していただく場合もあります。長く通って頂くことになるかもしれませんので、日程には余裕をもって手術を受けましょう。
  • 眼鏡が必要な場合は術後2週間で処方いたします。
当院で可能な日帰り手術

MEDICAL_CARE

  • 日帰り白内障・多焦点眼内レンズ手術
  • 緑内障_犬山市・緑内障検診
  • 糖尿病網膜症
  • なみだ眼(感涙症)
  • まぶたの手術・眼瞼下垂
  • 斜視・弱視
セカンドオピニオン
シミ取り・あざ・皮膚腫瘍・ケロイド・傷あと治療
視力回復オルソケラトロジー