治療方法

2017年6月9日

〈レーザー治療〉

レーザー光凝固術は、網膜の栄養不足の場所にレーザーを照射して、新生血管の発生を防いだり、網膜の血流障害を改善する方法です。
この治療で視力が回復するわけではありませんが、網膜症の進行を阻止する大事な治療になります。外来で行います。

〈薬物療法〉

当院では網膜の腫れ(黄斑浮腫)による視力低下に対しては、手術の前にまずはステロイド(マキュエイド)や抗VEGF阻害剤(ルセンティス、アイリーア)などの最新のお薬を積極的に使用して病気の改善を目指しています。

〈硝子体日帰り手術〉

糖尿病網膜症による眼内の出血(硝子体出血)や黄斑浮腫が薬物療法でも改善しない場合は硝子体手術が適応になる事があります。
以前は大きな傷跡を伴うため、原則入院治療が必要でしたが、現在は数年前と違い小さな傷口から手術できるため、当院では難易度の高い硝子体手術でも日帰り(入院も可)で施行しています。傷口が小さいため術後2日目には眼帯がとれる事が多いです。

当院で可能な日帰り手術

MEDICAL_CARE

  • 日帰り白内障・多焦点眼内レンズ手術
  • 緑内障_犬山市・緑内障検診
  • 糖尿病網膜症
  • なみだ眼(感涙症)
  • まぶたの手術・眼瞼下垂
  • 斜視・弱視
セカンドオピニオン
シミ取り・あざ・皮膚腫瘍・ケロイド・傷あと治療
視力回復オルソケラトロジー