眼瞼下垂について

2017年6月9日

形成外科学会認定専門医が治療・手術を行います

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたを上げるための筋肉(眼瞼挙筋)が機能的に弱くなったり、まぶたの皮膚がたるむことにより十分にまぶたが上がらない状態のことです。
眼瞼下垂でよく聞かれる症状としては、「上まぶたが垂れ下がり目が開きにくい」、「視界が狭く感じる」というものがあります。
症状が悪化すると頭痛や肩こり等といった症状が出ることもありますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

こんなお悩みをお持ちの方はご相談ください

  • まぶたが下がって見えにくい
  • まぶたを無理に開けようとして疲れたり肩が凝ることがある
  • いつも眠たそうな顔をしている、目が小さくなったと言われる
  • 目をあけようとすると額にシワがよる
当院で可能な日帰り手術

MEDICAL_CARE

  • 日帰り白内障・多焦点眼内レンズ手術
  • 緑内障_犬山市・緑内障検診
  • 糖尿病網膜症
  • なみだ眼(感涙症)
  • まぶたの手術・眼瞼下垂
  • 斜視・弱視
セカンドオピニオン
シミ取り・あざ・皮膚腫瘍・ケロイド・傷あと治療
視力回復オルソケラトロジー